低用量ピルで避妊する | 低用量ピルを通販で購入!周りにバレずに買えちゃいます

低用量ピルで避妊する

悩んでいるようだ

避妊効果があると言われている低用量ピルですが、働きとしては妊娠しない状態を体内で作るというものです。
簡単に言ってしまえば、受精卵が着床しないように自発的に生理を起こさせるのです。
それによって、体内のホルモンバランスが崩れて副作用が出ることがしばしばありますが、ほとんどが軽いものなのでそこまで心配する必要はないでしょう。
低用量ピルを服用することで避妊できる確率は非常に高く、女性の身の安全を守るためには必須の薬です。

低用量ピルは、確実に毎日服用することで避妊効果を発揮する薬なので、飲み忘れをしないようにしなければなりません。
服用周期は28日で、そのうち7日間は休薬期間になります。
つまり、21日連続で服用し続け、7日連続で服用していない期間があることになります。
なので、うっかり7日を過ぎてしまうこともあるので、低用量ピルの種類によっては偽薬が含まれていることがあります。
また、低用量ピルには一相性と三相性があります。
二相性も存在しますが、あまり取り扱われていないので、今回は一相性と三相性についてご紹介します。
この2つの明確な違いとしては、ホルモン配合量です。
一相性は、ホルモン配合量が一定なので、シートのそこから服用しても問題はありません。
しかし、三相性はホルモンの配合量が3種類に分かれているので、服用する順番が重要になってくるのです。
順番を間違えれば十分な避妊効果が期待できない可能性があるので注意しましょう。
この2つのどちらを利用するべきなのかは、正直な話人それぞれです。
無難に利用したいのであれば一相性、より自然なホルモン量の増加を求めるのであれば三相性を服用しましょう。
合う合わないもあるので、不安な場合は産婦人科に行ってみるのもいいでしょう。